任意売却とは?


住宅ローンを滞納し、不動産を売却しても債務が残る状態(オーバーローン)を言い、さらに悪化して競売開始が決まってから開札期日前日までに所有者(債務者)と債権者(担保権者)の合意を取り、不動産物件を売却することを言います。

競売よりもいろいろな意味で有利な条件や、一般相場に近い価格で売却することも可能です。


任意売却のメリット

・差押、競売開始になっても、任意売却に切替えができる

・競売より借入金をたくさん返済できる

・周りに多重債務・競売等を知られずに内密に売却できる

・担保権者の返済にも柔軟な処理ができる

・話し合いにより、納得して売却できる

・お知り合いや、ご親戚の方に買って頂くことも可能

・破産はしなくてもいい



競売のデメリット

・立ち退きを余儀なくされた場合、引越し代はもらえません

・お持ちの不動産周辺にお住まいの方に、競売になったことが知られてしまいます



弊社はご所有不動産の"買戻し"という方法も推奨しております。

これは、収益物件をお持ちの方にも適用出来ます。詳細は弊社までご連絡下さい。ご相談は無料です。


お問い合わせ
戻る
(c)株式会社F・P管財